ピアノ講師人生、いつかは報われるさ!


by 3imkt57mgj

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移転先として政府が検討している鹿児島県・徳之島について、中山義活首相補佐官は22日のBS番組で「選択肢の1つだが、鳩山由紀夫首相は全面的に基地が移転するとは言っていない。いくつかバックアップ基地を作ろうということだ」と述べた。キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)陸上部に造るヘリ離着陸帯(ヘリパッド)を拠点とする一方、徳之島にヘリ部隊を極力、分散する案が念頭にあるとみられる。

 これに関連し、米側実務責任者のキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が27日に来日することが決まった。一時、来日を見送ったが、米側は協議を拒否し続けるのは得策でないと判断したとみられる。

 キャンベル氏の来日を受け、政府は日米間の本格協議に入りたい考えだが、米側は海兵隊の地上部隊とヘリ部隊を分散しないよう要求しており、徳之島への全面移転は極めて困難だ。

 政府は近く移設先を最終的に決める予定で、首相は22日、北沢俊美防衛相と意見交換した。

 徳之島移転は「県外」にこだわる首相の意向を受け政府が検討。だが、米側は、普天間飛行場から移転する海兵隊のヘリ部隊と、沖縄の地上部隊が分散された場合、両部隊の距離は「65カイリ(約120キロ)」が限界との考えを伝達した。徳之島は沖縄本島から約200キロの距離があるため、キャンベル氏は「運用上」の観点から移転に難色を示すとみられる。

 米側は地元や与党内の合意を得られることを条件にしているが、徳之島では18日に反対集会が開かれ、地元3町長も平野博文官房長官との会談を拒否した。社民党も22日の常任幹事会で、徳之島への移転に反対する方針を決めた。

歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足−東京(時事通信)
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議(医療介護CBニュース)
舛添氏、他の5人は“発射台”?(産経新聞)
谷垣氏もツイッター 「好きではない」から転換(産経新聞)
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告−宮城(時事通信)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-27 02:05
 6月に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を記念して作られた24金製のサッカーボールが仙台市青葉区の百貨店「仙台三越」に展示されている。

 ガラスケースに入れられた黄金ボールは公式球と同じ大きさで、まばゆいばかり。約3キロの金が使われ、お値段は2940万円という。20日まで展示される。

 「W杯で優勝したら、日本代表にプレゼントしたい」と販売元。ただ「ベスト4入り」を掲げる岡田ジャパンの調子は今一つ。目標を黄金ボールに変更したら、チームももっと輝く?【垂水友里香】

【関連ニュース】
雑記帳:まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願
サッカーW杯:入場券のデザイン発表
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
レソト:W杯宿泊の穴場…安心価格、会場に近い、治安良好
サッカー:日本完敗、セルビアに0−3 チャレンジカップ

追突事故で女性死亡、酒気帯び容疑で男逮捕(産経新聞)
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
のりピー夫・高相祐一氏、薬物売買現場撮られた?
首長新党は日本創新党 山田党首「国家・地方・国民の自立」(産経新聞)
板橋区役所の電話不通原因 交換機の処理能力超す(産経新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-22 17:53
 16日午前11時55分頃、新潟県長岡市新産1、ヤマト運輸のグループ会社「ヤマトオートワークス長岡工場」で、LPガスのボンベから火が噴き出し、車両2台が焼けた。

 54〜38歳の男性従業員3人がやけどを負い、病院に搬送された。消防によると、3人とも意識はあるという。

 長岡署によると、引火したガスは車の燃料用で、出火当時、老朽化したボンベを新品に交換する作業中だった。

 ヤマト運輸によると、同工場ではヤマト運輸が使用する車両整備などをしているという。

自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
マツダ「アクセラ」などリコール オイルが漏れる恐れ(産経新聞)
ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)
<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
隠したはずが襟元から釣りざお…現行犯逮捕(読売新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-20 09:01
 鳩山由紀夫首相は7日夕、ワシントンで12、13両日に開かれる核安全保障サミットに際して、オバマ米大統領に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の現状を説明する考えを示した。首相官邸で記者団の「普天間問題について話す予定はあるか」との質問に「何らかの形で今の経緯を申し上げたい」と答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権

<密約開示判決>「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」(産経新聞)
信号無視・見落とし21件 大阪市地下鉄、大半公表せず(産経新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-13 17:41
 内閣府はこのほど、「高齢者の地域におけるライフスタイルに関する調査」の結果を発表した。それによると、誰にも看取られずに死後発見される「孤独死」を身近に感じている高齢者は、全体の42.9%だった。

 世帯別では、単身世帯の64.7%が孤独死を身近に感じていた。都市別では、最も低い町村の36.4%と比べて大都市が46.7%と10ポイント以上高かった。また、健康状態が良くないと18.8%が回答。このうち52.0%が孤独死を身近に感じていた。

 健康状態が良くない人の24.7%が、何らかの手助けやサービスを受けている一方、12.2%が必要と感じるものの手助けやサービスを受けていなかった。健康状態が良くない人が受けている手助けやサービスは、「通院や送迎や外出の手助け」が17.7%で最も多く、以下は「話相手や相談相手」(14.6%)、「食事作りや掃除、洗濯の手伝い」(14.5%)、「ちょっとした買い物やゴミ出し」(14.0%)の順だった。

 また、地域の困っている高齢者の家庭に対して、手助けをしたいと考えている人は80.3%に上ったが、実際に何らかの手助けをしている人は29.0%にとどまった。

 調査は高齢者と地域社会のかかわりの現状を把握することを目的に、昨年10月29日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3484人から有効回答を得た。


【関連記事】
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
「異状死の原因究明を」−与党議連が設立総会
「孤立死」対策、大筋で了承
孤立死ゼロと「監視社会」

緊急停止装置外して運行=作業の連絡ミスが原因−JR西(時事通信)
金づちで上司の頭殴る=容疑の「ユニデン」社員逮捕−警視庁(時事通信)
拳銃と覚醒剤隠し持つ 銃刀法違反容疑などで男を逮捕(産経新聞)
【科学】野口さん、のびのび宇宙生活3カ月(産経新聞)
<天候>3月の降水量、東日本太平洋側で最大値更新…気象庁(毎日新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-08 17:55
 政府の観光立国推進本部(本部長=前原誠司国土交通相)の「観光連携コンソーシアム」(座長=辻元清美国土交通副大臣)は3月30日の会合で、医療ツーリズムについて国際医療福祉大副学長の開原成允氏からヒアリングした。開原氏は、医療ツーリズムを進めるためには医療圏ごとの病床規制の再検討など、医療政策の転換が必要との見解を示した。

 開原氏はヒアリングで、医療ツーリズムを進める上での問題点として、日本では人口に応じて医療圏ごとに基準病床数が定められており、海外から外国人を受け入れようとしても自由に増床できないと説明。「これを変えてないと、本当の意味での医療ツーリズムは成立しないのではないか」と述べた。

 また、観光ビザでは滞在期間に制限があるため、ゆっくりと治療を受けることが難しいと指摘。これを解決するため、韓国では医療ビザを新設したことを紹介し、日本でも省庁を超えた検討が必要との認識を示した。


【関連記事】
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」
医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合
国内初のJCI認証取得でメディカルツーリズムは広がるか

<掘り出しニュース>野球で地域振興を−−徳島・阿南市が「推進課」新設(毎日新聞)
郵政見直し、地方企業を圧迫=自民・石破氏(時事通信)
送迎バス衝突炎上、子ども数人軽傷か(読売新聞)
デイサービス運営に地域密着と効率化の視点―在宅協東京支部がセミナー
<枝野担当相>独法制度廃止 大幅に再編へ(毎日新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-04-05 16:12