ピアノ講師人生、いつかは報われるさ!


by 3imkt57mgj

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 プロボクシング選手の亀田興毅さん(23)が東京都葛飾区で乗用車を運転中、接触事故に遭っていたことが24日、警視庁葛飾署への取材で分かった。けが人はいなかった。
 同署によると、亀田さんは21日午後11時ごろ、同区宝町の路上で、正面から来た同区の男性会社員(50)が運転する乗用車が擦れ違う際、車体右後部に接触された。
 現場は狭い路地で、亀田さんは停止していたという。 

【関連ニュース】
【特集】現代スーパーボクサー
【特集】長谷川穂積〜V10達成からまさかの敗戦まで〜
〔写真特集〕甦る興奮と感動 伝説の格闘家
〔写真特集〕プロボクシング 長谷川穂積
〔写真特集〕世界のプロボクシング

<口蹄疫>「補償内容が不透明」地元自治体が難色(毎日新聞)
放送法改正案を強行可決=審議会の機能拡大は削除―衆院総務委(時事通信)
<自民党>赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で(毎日新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 鳩山首相、あす2度目の訪沖 知事らに政府方針説明(毎日新聞)
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-05-28 20:57
 鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから18日早朝に打ち上げられる日本初の金星探査機「あかつき」を搭載したH2Aロケット17号機の機体が17日、発射場に移動した。燃料充てんなど、打ち上げに向けた最終段階に入る。

 午前6時すぎ、大型ロケット組み立て棟から、全長53メートルの大きな機体が姿を現した。移動発射台に乗せられ、約500メートル先の発射場まで約20分かけてゆっくりと運ばれた。

 機体先端部には、金星の大気を調べる「あかつき」の他、太陽光の圧力で航行する宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を載せている。さらに、15号機以来となる公募による小型副衛星4基が「相乗り」する。

 打ち上げは18日午前6時44分14秒の予定。【川島紘一】

【関連ニュース】
雑記帳:宇宙ロボット・まいど君…東大阪の組合が開発構想
余録:「あかつき」打ち上げへ
日本版GPS:衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ
金星探査機:「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開
H2ロケット

86歳・母、62歳・娘を殺害?…大阪(読売新聞)
高齢男性の独り暮らし急増、孤立化の懸念も(読売新聞)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)
長野の小学生が伝統工芸に挑戦(産経新聞)
原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-05-20 12:31
 パソコンや携帯電子機器が家庭や職場に普及し、目の健康が心配な現代の生活。特に強度近視は働き盛りに多く、しかも引き起こされる病気が早くから深刻な視力障害につながる。ところが、回復不可能なほど悪化してから受診するケースも多いとされ、専門家は「たかが近視と油断せず、自覚症状があったら早く検査を」と警告する。(草下健夫)

 ≪失明の第2の原因≫

 近視は多くの場合、「眼軸長」と呼ばれる眼球の奥行きが異常に延び、像が網膜より手前で結んでピンボケになる。強度近視では、この眼軸長が正視(像が正しく網膜に結ぶ)より3・5ミリ以上長いことが推定されている。全国で40歳以上の人口約6700万人のうち、360万人ほどが強度近視とみられている。

 東京医科歯科大学の大野京子准教授(眼科学)は「強度近視は遺伝的要因が大きいが、そこに携帯ゲームやパソコンなどの増加をはじめ、環境要因が加わっている。ハワイの日系人に近視が少ないことも、遺伝だけではないことを示唆している」と説明する。強度近視は、国内では緑内障に次いで2番目の失明の原因といわれている。

 強度近視の特徴として、大野准教授は「40〜50代に多く、両目に起こりやすい」と、働き盛りの世代に注意を促す。しかも「黄斑(おうはん)部という網膜の中心部分が障害されやすいため、早期から高度な視力障害が起こりやすい」。

 ≪放置すれば悪化も≫

 強度近視で特に起こりやすい病気として、大野准教授は次の4つを挙げる。

 (1)核白内障。水晶体の中央の「核」が濁る。手術が必要なのに、「視力が落ちた」と眼鏡やコンタクトレンズの度を上げて済ませている場合も。放置すればどんどん悪化する。

 (2)近視性黄斑部出血。眼軸長が延びたことで、物を見るための中心部分「黄斑部」の膜が裂け、異常な血管が網膜に入り込む。その血管は破けやすく、網膜に浮腫ができて視力が低下。突然、物が欠けたりゆがんだり、見ようとする所が見えなかったりする。「早期発見が特に重要だが、現実には受診が遅く治療不能なケースも多い。中心がゆがむなどの自覚症状があったら、すぐ受診を」(大野准教授)

 (3)近視性網膜脈絡膜萎縮(いしゅく)。眼軸長が延びた結果、網膜や脈絡膜が延ばされて薄くなり萎縮する。軽度のものは30代でも強度近視の半数に起こり、年齢とともに増加。物を見るための視細胞が死んで、視力障害や視野障害が起こる。治療法や予防法はない。

 (4)近視性視神経障害。眼軸長が延び、視神経が引き伸ばされて変形して早期から中心付近の視野がなくなる。ある程度進むと止めるのは難しい。

 思い当たる症状があったら眼科専門医を受診し、視力だけでなく屈折度、眼軸長、眼底などを調べ、必要に応じて精密検査をすることが大切。大野准教授は「両目で生活していると、片目の視力が悪くなっても気付きにくい。新聞やカレンダーなどを利用し、定期的に自分で片目ずつの見え方をチェックしては」とアドバイスしている。

                   ◇

 ■将来、さらに増加の見込み

 昨年度の文部科学省学校保健統計によると、疾病・異常別で裸眼視力1・0未満の子供の割合は、幼稚園〜高校の各学校段階を通じ、虫歯に次いで高い。裸眼視力0・3未満(ほとんどが近視とみられる)の割合は、幼稚園0・6%、小学校7・3%、中学校22・0%、高校27・7%だった。小学生は昭和50年の2・7%から、30年余りで3倍に増加。東京医科歯科大学の大野京子准教授は「子供の近視の増加傾向から、将来、強度近視がさらに増加すると見込まれる」と指摘している。

【関連記事】
コンタクトレンズ ずさんな手入れ 後絶たぬ感染症
より使いやすい家電へ 音声機能 視覚障害者らをお助け
コンタクトからメガネへの理由
メニコン、出張にも便利なコンタクトケア商品発売
iPad、日本発売は5月28日
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
元・若乃花が設立、ちゃんこ店運営会社が破産(読売新聞)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
「議院内閣制変えるべき」 橋下知事(産経新聞)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
[PR]
by 3imkt57mgj | 2010-05-13 01:39